2019.12.25 08:35

サカサクラゲが宿毛の大海漁港で大発生 住民「見たことない」

大海漁港で大量発生しているサカサクラゲ(黒潮生物研究所提供、いずれも宿毛市小筑紫町大海)
大海漁港で大量発生しているサカサクラゲ(黒潮生物研究所提供、いずれも宿毛市小筑紫町大海)
 高知県宿毛市小筑紫町の大海(おおみ)漁港で、サカサクラゲが大量発生している。かさを逆さにして海底を覆うさまは、白っぽいイソギンチャクが連なったよう。地元住民らは「こんな光景は見たことがない」と驚いている。

採取された小型のサカサクラゲ
採取された小型のサカサクラゲ
 黒潮生物研究所(幡多郡大月町)によると、サカサクラゲは海水の温かな九州南部や沖縄に多く分布。日当たりの良い、波の穏やかな場所に集まる。これまでは鹿児島が北限とされていたが、四国では4年前に大月町の田ノ浦漁港で初確認。以降、宿毛市や愛媛県南部で、多くて十数匹程度が確認されてきた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学主要幡多

ページトップへ