2019.12.24 08:33

高知県知事選10代投票率26.69% 県全体より20.98ポイント低く

 11月に行われた高知県知事選で、県内の18、19歳の投票率が26・69%にとどまったことが23日、高知県選挙管理員会のまとめで分かった。県全体の投票率47・67%より20・98ポイント低く、10代の選挙への関心の低さが改めて浮き彫りになった。
 
 県選管によると、県内の10代の当日有権者は1万2913人で、投票者数は3447人。投票率は18歳が34・37%、19歳が18・42%だった。19歳の投票率が低いのは、高校卒業後、進学や就職などで住民票を残したまま県外に引っ越し、投票に行かなかったケースが多いためとみられる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ