2019.12.21 08:35

高知市花火大会、2020年は8月13日に 東京五輪の影響見込み変更

 毎年8月9日に行われる高知市納涼花火大会が、来年は同13日に変更されることになった。9日は東京五輪の閉会式があり、全国から多数の警備員が東京に集まって花火大会に必要な人数に足りなくなることが予想されるとして、主催の高知市観光協会が決めた。

 協会によると、花火大会は例年、市職員や消防、警察など500人規模で警備。このうち約100人は民間の警備員が担っているが、毎年依頼する警備会社から「来年8月9日は五輪の警備に行くことになると思う」と言われたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会よさこい祭り高知中央文化

ページトップへ