2019.12.20 08:40

【動画】河川敷に光の四万十川 四万十市でイルミナージュ


河川敷に現れた金色の「四万十川」(四万十市中村大橋通1丁目)
河川敷に現れた金色の「四万十川」(四万十市中村大橋通1丁目)
 四万十市の四万十川橋(赤鉄橋)近くの河川敷で約1万5千個の発光ダイオード(LED)などが輝く光のイベント「イルミナージュ SHIMANTO」が20日に始まる。26日まで。

 市や市観光協会などでつくる「市観光振興連絡会議」の主催で、昨年に続き2度目。市郷土博物館(同市中村)もライトアップされる。

 19日に試験点灯が行われ、芝生の河川敷に青や金色に輝く「光の四万十川」が現れた。地面に置かれたカヌーは、光の水面に浮かんでいるかのよう。色とりどりの高さ約5メートルのツリーや雪だるまのイラストなどが、クリスマスムードを演出した。帰宅途中に立ち寄った大方高校3年の坂本茜さん、同校1年の河原彩乃さんは「カラフルできれい」と早速、撮影を楽しんでいた。

 点灯は午後6~9時ごろで小雨決行。21日にはシュークリームや、紅茶、ホットワインなどが振る舞われる。問い合わせは市観光商工課(0880・34・1783)へ。(平野愛弓)

カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ