2019.12.19 08:36

色とりどり田舎ずしで すし皿鉢 三原村の体験教室に14人

皿鉢料理の作り方を学んだ体験教室(三原村の村農業構造改善センター)
皿鉢料理の作り方を学んだ体験教室(三原村の村農業構造改善センター)
 色とりどりの田舎ずしを盛った皿鉢料理を作る教室がこのほど、幡多郡三原村宮ノ川の村農業構造改善センターで開かれた。村内外から参加した14人が、村産の野菜を使ったぜいたくな一皿を仕上げた。

 15日は地域の女性が講師役になり、正月用の皿鉢作りに挑戦。高菜やミョウガ、コンニャク、リュウキュウなどの田舎ずしやサラダ巻きとともに、皿の中央にはイトヨリの姿ずしを盛り付けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ