■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2019.12.17 08:39

大月町道の駅で「コーラルイルミネーション」 LED15万個彩る

サンゴなど大月町らしい電飾も並ぶ「コーラルイルミネーション」(同町のふれあいパーク大月)
サンゴなど大月町らしい電飾も並ぶ「コーラルイルミネーション」(同町のふれあいパーク大月)
 高知県幡多郡大月町弘見の道の駅「ふれあいパーク大月」で、恒例の「コーラルイルミネーション」が始まり、約15万個のLED(発光ダイオード)が夜を彩っている。来年1月13日まで。
 
 道の駅南側の公園斜面に青や白、黄色のLEDが敷き詰められ、幻想的な空間が広がっている。月やサンゴ、魚など大月町らしい電飾や、青いライトで覆われたトンネルもあり、家族連れやカップルを楽しませている。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 幡多高知中央高知のニュース

ページトップへ