2019.12.13 08:34

「川の外科医」ただ今修業中 西日本科学(高知市)の福留さん

京都の桂川でインドネシア、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカ、ケニア、ガイアナから参加したJICA研修生を前に河川の伝統工法を説明する福留康智さん=左端(京都市西京区)
京都の桂川でインドネシア、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカ、ケニア、ガイアナから参加したJICA研修生を前に河川の伝統工法を説明する福留康智さん=左端(京都市西京区)
石積み工法で生態系復活 カリスマの父継ぎ汗

 高知発の「川の近自然工法」をご存じだろうか。治水優先でコンクリート張りが進み生態系が壊れた川を、石積み工法で改修してよみがえらせる。これを1980年代、スイスから導入。日本の風土に合わせて進化させたのが故・福留脩文(しゅうぶん)さん(高知市若松町、西日本科学技術研究所長=享年70)だ。今月10日、七回忌を迎えた。「川の外科医」の異名を持つカリスマが亡くなった後、貴重な技術はどうなっているのか。訪ねてみると長男が継承、力を付けつつあった。 

JICAで講義
 写真は11月下旬、京都の嵐山近くを流れる桂川。川に突き出た「水制工」の上で、外国人に向かって話しているのが福留ジュニア、康智(やすとも)さん(47)=同社専務・東京事務所長=だ。JICA(国際協力機構)関西国際センターが毎年開く研修「インフラ(基盤)施設における災害対策コース」の「伝統工法」の講義中。研修生はアジア、アフリカ、南米6カ国の若手・中堅技術系行政官6人で、10月下旬から約2カ月間、日本で道路・港湾・河川の土木工法を勉強している。康智さんは日本の技術者を代表して5年前から担当している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高知中央

ページトップへ