2019.12.13 08:31

須崎市の新図書館をユタカ跡地に 2023年度完成目標

 高知県須崎市は新たな市立図書館について、3年前に閉店したショッピングセンター「ライフタウンYUTAKA(ユタカ)」跡地(須崎市西糺町、約7千平方メートル)に建設する方針を示した。楠瀬耕作市長ら執行部が10、11日の市議会12月定例会で、選定経緯などを説明した。市は民間事業者も入居する複合施設とし、2023年度の完成を目指すとしている。
 
 現図書館が入る西古市町の須崎公民館は老朽化し、手狭になっている。市は蔵書約12万冊の新図書館を計画。建設地は未定のまま、2月までに計3回のワークショップを開いて市民から施設機能などの意見を募っていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ