2019.12.13 08:35

ビキニ訴訟で元船員の訴え再棄却 国の文書隠し認めず 高松高裁判決

元船員側が敗訴し、「不当判決」の文字を掲げるビキニ被ばく訴訟の支援者(高松高裁)
元船員側が敗訴し、「不当判決」の文字を掲げるビキニ被ばく訴訟の支援者(高松高裁)
 米国が1954年に太平洋・ビキニ環礁で行った水爆実験を巡って、近くで操業していた船員の被ばくを示す資料を日本政府が長年隠したとして、高知県内外の元船員ら29人が国に賠償を求めた訴訟の控訴審判決が12日、高松高裁であり、増田隆久裁判長は一審・高知地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。

 増田裁判長は一審と同様、政府が2014年に開示した船員の被ばく資料などを基に、1人を除き元船員28人がビキニで被ばくしたと認定。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要

ページトップへ