2019.12.10 14:31

遺族に1400万円賠償 あき病院 がん見落とし

 高知県立あき総合病院(安芸市)を受診した県内の80代男性が亡くなった医療過誤で、県は10日までに遺族に損害賠償金として1400万円を支払った。
 
 男性は2016年に腹痛を訴えてあき総合病院の内科を受診。放射線科の医師がコンピューター断層撮影装置(CT)の画像により肺がんの可能性を指摘していたが、内科医師が見落としていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース安芸


ページトップへ