2019.12.09 14:39

高知県版学力テストに小中生2万人 297校で順次実施

県版学力テストに臨む中学2年生(9日午前、佐川町の佐川中)
県版学力テストに臨む中学2年生(9日午前、佐川町の佐川中)
 高知県内の小中学生を対象にした県学力定着状況調査(県版学力テスト)が9日、中学校2校を皮切りに始まった。これまでは1月に一斉実施していたが、本年度は時期を早めた上、調査期間を設定し、期間中ならいつでも実施できるようにした。対象は小学4、5年と中学1、2年。公立小中と義務教育学校の計297校の約2万人が臨む。

 高知県教育委員会によると、2018年度から東京の業者に作問、採点、集計を委託。採点結果が各校に届くまで2カ月ほどかかり学年末になるため、実施時期を早めることにした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育

ページトップへ