2019.12.09 08:33

恩師激励へ 土佐女高バレー部が「米寿祝う会」に教え子集結

プレゼントされたユニホームを着て記念撮影する松山宏さんとバレー部OGら(高知市追手筋2丁目の土佐女子高)
プレゼントされたユニホームを着て記念撮影する松山宏さんとバレー部OGら(高知市追手筋2丁目の土佐女子高)
 土佐女子高校バレーボール部の卒業生約100人が8日、40年近くにわたってバレーボール部を指導した松山宏さん(86)の米寿を祝うため、母校に集結した。恩師が体調を崩している、との一報を耳にしたOGが「少しでも励みになれば」と企画。幅広い年代のOGが県内外から駆けつけ、師や仲間、現役部員との絆を確かめ合った。

 松山さんは1956年、土佐女子中高の体育教諭として赴任、バレーボール部の監督を28年間務めた。監督退任後も指導に携わり、県体で20回優勝。全日本高校選手権(春高バレー)に何度も教え子を導いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ