2019.12.09 08:35

川登小が2021年度に中村小へ統合 四万十市 保護者が要望

 高知県の四万十市教委は8日までに、児童数の減少が続く川登小学校(四万十市川登、全校児童5人)を2021年度、中村小学校(四万十市中村新町3丁目)に統合することを決めた。四万十市教委は中学校の再編を先行させ、小学校は当面存続させる方針だが、川登小学校の保護者から統合を求める要望書が提出されたことを受け検討していた。

 四万十市教委によると、川登小学校は2017年度から新入生がおらず、2019年度は4年生1人、5年生3人、6年生1人の複式学級。職員も校長1人と教員2人となっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会子育て幡多

ページトップへ