2019.12.07 08:38

牛の発情をセンサーで検知 生産向上へ、県が農家に提供

首に発情兆候を捉えるセンサーを巻き付けた土佐あかうし(梼原町横貝)
首に発情兆候を捉えるセンサーを巻き付けた土佐あかうし(梼原町横貝)
 肉用牛の生産効率アップへ、雌牛の発情の兆しを捉えるセンサーの実用化に県が取り組んでいる。発情を見逃して出産の間隔が延びれば飼育にかかる費用がかさむためで、今秋から県内11の畜産農家に、IoT(モノのインターネット)による通知システム一式を無償提供し、出産や飼育の管理に役立ててもらっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高幡

ページトップへ