2019.12.06 08:36

高知競馬の売上高478億円 4年連続で過去最高を更新

 高知競馬の2019年度の売り上げが、過去最高だった2018年度を50億円近く上回り478億円に達する見通しとなった。高知県競馬組合が5日の組合議会で説明した。インターネットによる馬券販売が想定以上に好調なことが要因で、4年連続で過去最高を更新することになる。
 
 高知競馬の売り上げは1991年度の220億5900万円をピークに減少を続け、2008年度には38億8100万円まで落ち込んだ。しかし、2009年夏の通年ナイター導入を機にネットでの馬券販売が伸び、売り上げが急増。2018年度は429億7900万円で初めて400億円を突破し、設置者の県と高知市に対して36年ぶりに利益配分(県3136万円、市1140万円)を行った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ主要高知中央

ページトップへ