2019.12.04 14:32

高知県内インフルエンザが流行期に

 高知県は4日、県内でインフルエンザが流行期に入ったと発表した。「例年は今後4週間で患者数がぐっと増えることが多い」(健康対策課)と注意を呼び掛けている。

 県内の48医療機関から報告された先週(11月25日~12月1日)の患者数が1機関当たり1・02人で、流行開始の目安となる1人を上回った。9月中旬にも流行期入りしたが、すぐ収束していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ