2019.12.03 08:21

高知県中央部に新特別支援学校を 早期対応へ既存校活用

 高知県内の知的障害特別支援学校の在り方を検討してきた委員会(会長=是永かな子・高知大学教育研究部教授、10人)の最終会合が2日、高知市内で開かれ、県中央部に40~50人規模の施設を新たに整備することが必要だとする提言をまとめた。既存校の児童、生徒数が増加しているためで、早期に対応するには「既存施設の活用」が望ましいとした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知中央


ページトップへ