2019.12.03 08:32

ジェトロ高知が高知県庁へ移転 輸出振興へ連携強化

 日本貿易振興機構高知貿易情報センター(ジェトロ高知)は2日、高知県庁の本庁舎3階に事務所を移転した。高知県地産地消・外商課輸出振興室と県貿易協会に隣接し、連携強化で輸出振興を図る。ジェトロが県庁舎内に入るのは、和歌山県に続き全国2例目という。

 ジェトロ高知は、輸出相談会の開催や、海外見本市の出展支援などを通じて、県内事業者の海外展開を支援。5人態勢で、これまで高知市堺町の事務所で業務に当たっていた。

 県も地産外商戦略の中で輸出振興に力を入れており、2018年の食料品輸出額14億5200万円は、10年間で28・5倍の水準に伸びている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ