2019.12.03 08:25

浄化槽検査費206万円着服 高知県環境検査センター 31歳職員を懲戒解雇

 高知県内の浄化槽の法定検査を一手に担う第三セクター「高知県環境検査センター」(高知市介良乙)は2日、一般家庭などから現金で徴収した検査手数料約206万円を着服したとして、高知県環境検査センターの男性検査員(31)を11月29日付で懲戒解雇した、と発表した。検査員は「生活費に使った」と認めて損害額を賠償したといい、刑事告訴しない方針。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ