2019.12.01 08:40

カシオゴルフ第3日 クウェイル2打差首位 石川4連続バーディー7位

 カシオワールドオープン第3日は30日、黒潮CC(7335ヤード、パー72=観客3767人)で、アマ1人を含む63選手が決勝ラウンド初日を行った。ツアー初勝利を目指すA・クウェイル(オーストラリア)が65で回り、通算201の15アンダーで単独トップとなった。
 
 2打差の2位に、この日首位で出た小林伸太郎がつけた。さらに1打差の3位にS・ハンと金庚泰が続いた。5位に通算11アンダーで小田孔明と宮本勝昌。ホストプロの石川遼は五つスコアを伸ばし、通算206の10アンダー。浅地洋佑、重永亜斗夢らとともに7位タイに浮上している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ