2019.11.27 13:58

Xinhua Silk Road:中国杭州のクロスボーダーeコマースパイロット地区はeコマースと製造業の統合促進目指す

Xinhua Silk Road:中国杭州のクロスボーダーeコマースパイロット地区はeコマースと製造業の統合促進目指す

Xinhua Silk Road:中国杭州のクロスボーダーeコマースパイロット地区はeコマースと製造業の統合促進を目指す

AsiaNet 81892 (2383)


【北京2019年11月27日PR Newswire=共同通信JBN】China (Hangzhou) Cross-Border E-Commerce Comprehensive Pilot Area(中国(杭州)クロスボーダーeコマース総合パイロット地区)は、クロスボーダーeコマース(国境を越えた電子商取引)と製造業界の統合を促進し、業界をさらにアップグレードするための一連の措置を実施した。パイロット地区の当局者が明らかにした。

杭州クロスボーダーeコマース総合パイロット地区の当局者であるシ・フアンカイ氏は、第2回中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)のXinhua Silk Roadインタビューに出席した際に発言した。

シ氏は「CIIEは、高品質のブランドが中国市場に参入する機会を提供し、eコマース業界のオンラインとオフラインの統合を促進し、eコマースプラットフォーム向けのより多くの協力チャンネルを提供している」と述べた。

シ氏によると、杭州クロスボーダーeコマースパイロット地区は、2015年に国務院により設立が承認されて以来、クロスボーダーeコマースと製造業部門の統合開発を4つの側面から推進してきた。

第1は、国内外の主要なeコマースプラットフォームと協力し、従来の外国貿易および製造企業がeコマースの力を利用してカスタマイズされた生産、ターゲット・マーケティング、フラットマネジメントを実行できるようにすることである。

第2は、大学との間でeコマース訓練プログラムを設立し、外国貿易指向のメーカーがeコマース機能を備えた製造企業に転換する際に人材を育成し、提供することである。

第3は、クロスボーダーeコマース販売業者と従来のメーカーとの間で見本市を開催し、スマートサプライチェーンを形成することである。

最後は、倉庫保管と物流、資金調達と決済、知的財産保護、国際課税などクロスボーダーeコマースのための第三者サービスを最適化することである。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309608.html を参照。

ソース:Xinhua Silk Road Information Service



【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/201911274042
カテゴリー: プレスリリース

ページトップへ