2019.11.27 08:20

2019知事選・高知市長選 継ダブル選総括(1)

ダブル選の開票風景。県民、市民の選択は「継承」「継続」だった(24日夜、高知市の県民体育館=土居賢一撮影)
ダブル選の開票風景。県民、市民の選択は「継承」「継続」だった(24日夜、高知市の県民体育館=土居賢一撮影)
【令和決戦】新時代のリーダー像は
 春の統一地方選、夏の参院選と続いた亥(い)年の政治決戦。その締めくくりとなったダブル選を振り返る。

 平成の間、高知県政を託された知事は、それぞれ突出した存在感を発揮してきた。奮闘するリーダーの姿に、郷土の誇りやアイデンティティーを重ねた県民も多かっただろう。

理念から実利へ
 平成3(1991)年、「リキやん」の愛称で親しまれた中内力氏の県政が終わると、「脱官僚・無党派」を掲げた元テレビキャスター、橋本大二郎氏が知事に就いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ