2019.11.28 17:45

絵本の読み聞かせは簡単! 子どものIQ、EQアップ 高知市で体験講座

絵本の読み聞かせは、子どもの感性を豊かにしたり、言葉を増やしたり…と、さまざまな効果が知られています。でも、毎日続けるのはなかなか大変ですよね。

夜じっくり読もうと思っていたのに、気付けば夜の9時。「もうこんな時間!早く寝かさなくちゃ」。次々と絵本を持ってくる子どもにだんだんイライラ…。

はたまた、声色を変えて丁寧に読み聞かせしているのに、肝心の子どもは上の空…。読み聞かせにまつわるこうした悩みを解決してくれる体験講座が高知市で開かれると聞きつけ、参加してきました。

訪ねたのは、国内外で絵本の効果や取り入れ方を伝える活動をしている一般社団法人絵本メンタリング協会がつくり出した「心が育つIQ絵本講座」。講師は絵本メンタリング協会の代表理事、仲宗根敦子さん=写真左=と、理事の山野江里依さん=写真右=です。

◆そもそも、なぜ読み聞かせが大切なの?
子どもの脳は幼少期に急速に発達するといわれています。山野さんによると、6歳までに脳の神経回路の約90%がつながるそう。「この時期にどんな環境で育つかが大切」と聞いて、急に不安になりました。3歳の子どもに何も習い事をさせていないわが家。何か特別なことをしなければならないのでは、と焦りましたが、山野さんはにっこりひと言。「絵本をたくさん読み聞かせてあげてください!」

「絵本はハッピーエンドで終わるお話が多いのですが、いくつもの成功体験や達成感を味わうことで、自信が高まったり、価値観が育まれたり。絵本はその手助けになります」と仲宗根さん。

さらに「IQ(知能指数)が上がります!」。

山野さんの言葉で、参加者は一気に真剣な表情になりました。絵本メンタリング協会が考えるIQは、単にテストで高得点を取る力ではなく、物事をあらゆる視点から考え、最善の答えを出せる力や、論理的思考力のこと。語彙(ごい)力や読解力、表現力、想像力などが養われることで、IQが高まるそうです

さらに、「近年注目が高まっているEQ(心の知能指数)にもよい影響を及ぼします」。
 
EQは、自分の感情をコントロールしたり、目標に向かって行動したり、良好な人間関係を構築したりする力。「EQはIQを高めるためにも欠かせません」

これらの効果を得るには、次に紹介する3つのポイントを実践するだけ!

◆きょうから実践!3つのポイント
①自然な会話のスピードで、声色を変えずに読みましょう
子どもの時は右脳が優位で「高速」に反応するため、ゆっくり読まないでいいそうです。子どもが絵本に集中しない原因の一つは、読むスピードにあったのです。
 
抑揚や声色を大げさに変えないのは、子どもは五感が敏感なので特にアレンジを加えなくても大丈夫だそう。読む速度を落とさないので、1冊にかかる時間はいつもの半分~3分の1ぐらい。ちょっとした隙間時間でOK。読む側にとっても負担感がぐっと減りますね。

②絵本の世界観をそのまま味わい、途中で質問してはだめ
読み聞かせの間、子どもは絵本に集中しています。学習の意味で、「これ何色?」「これなあに?」「いくつある?」など質問しがちですが、これは集中している子どもを絵本から引き離すことにつながります。ただし、子どもから出た質問には、好奇心を大切に、読んでいる途中でもすぐに答えましょう。

③読み終わった後はほめる
「これが一番大切なんです」と山野さん。
「よく見ていたね」「○○ちゃんに読めて楽しかったよ」など、絵本に集中できていたことに対して必ずほめたり、認めたりしてあげること。子どもは大好きな人にほめられる、認められるのが何よりもうれしいもの。積み重ねていけば、子どもは絵本を読んでもらう時間が大好きになり、自己肯定感もアップするはずです。
 
振り返れば叱ることが多く、ほめる場面が少ない毎日。大人にとっても、絵本を読むたびに褒めるように心がけると、子どもを認めてあげられる回数が無理なく増えます。

「読み方は分かったけど、選び方が分からない」という人は、「絵を見るだけでストーリー展開が分かる本や、四季に合った絵本、そして何より子どもが興味を持った絵本を目安にしてみてください」と仲宗根さん。

◆自己肯定感を高めるおすすめはコレ
仲宗根さんおすすめ!自己肯定感を高める絵本はこちら。
☆「えらい えらい!」
 (文:ますだゆうこ、絵:竹内通雅 そうえん社)
☆「わたしとなかよし」
 (作・絵:ナンシー・カールソン、訳:なかがわちひろ 瑞雲舎)
☆「ええところ」
 (作:くすのきしげのり、絵:ふるしょうようこ 学研)

◆「これなら続けられそう!」
講師自身の子育て経験も踏まえた講座は、目からうろこの内容で、あっという間の90分間でした。
 
参加していた香美市の35歳の女性は「きょうから読み聞かせが楽しみになりました」。3歳と1歳の2人の子どもがいるけれど、集中して聞いていないことが多いそう。「IQ、EQも気になっていたところ。これなら続けられそう!」と満足げ。
 
私も帰宅して早速、実践してみました。帰宅直後に「これ読んで」と本を持ってきた子ども。普通の会話のスピードで読んでみると、子どもは集中し、満足した様子。私も、1冊読めたという安心感で、「寝る前に読めなくてもいいや」というぐらいの楽な気持ちになりました。
   
これならイライラせずに、隙間時間に続けられそうです。大人も子どもも楽しく読み聞かせしたいですね。(上野芙由子)


今後の体験講座の予定はこちら。
12月5日(木)19:00~21:00
12月6日(金)14:00~16:00
12月7日(土)14:00~16:00
12月9日(月)10:00〜12:00
12月10日(火)14:00~16:00
12月11日(水)19:00~21:00
12月15日(日)14:00~16:00
12月16日(月)14:00~16:00
12月17日(火)19:00~21:00
12月19日(木)10:00~12:00

場所:高知市内(詳細は要問い合わせ)
時間:約2時間
参加費:3300円
問い合わせ先:
eqehonkochi@gmail.com

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要Web限定Web限定高知中央


ページトップへ