2019.11.26 08:38

さっぱり澄んだ絶品スープ!山盛りセリと豚肉「四万十町ラーメン」窪川高生が考案

セリが山盛りの四万十ポーク入りラーメンと窪川高生(四万十町の中華料理店「桜華」)
セリが山盛りの四万十ポーク入りラーメンと窪川高生(四万十町の中華料理店「桜華」)

 高知県高岡郡四万十町産のセリと豚肉を使ったラーメンを、窪川高校(四万十町北琴平町)の3年生4人が考案した。町内の中華料理店で27日から提供される。

 地域リーダー養成コースの佐竹未瑞樹さん(17)、藤川颯太さん(17)、清水翔さん(18)、小谷啓希さん(18)で、10月に考案した「四万十ポーク丼」に続く第2弾。

 「四万十町を表現できる味に」と、町産のセリと豚肉を使うアイデアを同町北琴平町の中華料理店「桜華」に提案した。「見た目にもインパクトを」と、生徒らの案よりもセリの量を大幅に増やし、山盛りに。さっぱり味の澄んだスープで、町産ショウガがほんのり香る一品に仕上がった。

 4人は「町に来てくれた人に、ぜひ食べてもらいたい」とPRしている。27日から12月15日までの期間限定、夜(午後5時半~9時半)のみの提供で税込み980円。(井上太郎)

カテゴリー: 教育主要高幡

ページトップへ