2019.11.25 14:33

高知県知事選 新知事に広がる期待感 県民は多様な底上げ注文

開票台に広げられる投票用紙。一枚一枚に県民の将来に託す思いが込められている(24日夜、高知市桟橋通2丁目の県民体育館)
開票台に広げられる投票用紙。一枚一枚に県民の将来に託す思いが込められている(24日夜、高知市桟橋通2丁目の県民体育館)
「庶民目線立てる?」の声も
 元総務官僚の浜田省司さん(56)を新しい県政リーダーに選んだ24日投開票の高知県知事選。国政をそのまま映したような与野党の対決構図となった選挙選では、県政課題の対立軸が見えにくく、投票率も低調に終わった。県民は人口減や過疎化など高知県が抱える課題にどこまで向き合えたか。12年ぶりに生まれる新知事に何を求めるか。県民の声を聞いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ