2019.11.25 14:36

高知市長選 5選の岡﨑高知市長に聞く 支え合う社会つくる

高知市長選で歴代最多の5選を果たし、抱負を語る岡﨑誠也氏(高知新聞社)
高知市長選で歴代最多の5選を果たし、抱負を語る岡﨑誠也氏(高知新聞社)
批判票を真摯に受け止め 再度の財政危機課題
 24日に投開票された高知市長選は、現職の岡﨑誠也氏(66)=立憲民主党高知県連、国民民主党、社民党推薦=が4新人を下し、高知市長として歴代最多となる5選を果たした。4期目の岡﨑市政は地震対策や福祉施策で「攻め」の市政を展開してきた一方、財政危機の影が再び忍び寄る。市長選を通じて受けた多選批判、積み残した「西敷地」問題などにどう対応するのか。山岡正史・高知新聞社報道センター長が5期目の抱負を聞いた。

 ―前人未到の5期目。率直な感想は。

 「大事なのは何期続けるかよりも、何をするかだ。熊本地震では直接死の4倍もの人が避難所で命を落とした。南海トラフ地震が起きれば少なくとも数万人が避難してくるが、現状では多くの人がせっかく助かった命を避難所で落としてしまうことになる。災害関連死への対策が5期目の大きな目標だ」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ