2019.11.25 08:05

【読もっか いのぐ】考えよう!未来の避難所 プロジェクト2019(上)

①=1930年11月、北伊豆地震(毎日新聞社提供)
①=1930年11月、北伊豆地震(毎日新聞社提供)
 「読もっか いのぐ」は2019年度後半、防災いのぐ記者たちと「考えよう未来の避難所プロジェクト」に取り組みます。まずは2回、学習。1回目は―上の写真を見てください。避難所です。一番古いのは1930年、最新は先月のもの。どうです? 床に雑魚寝は約90年変わってません。「災害時だし」「仕方ないのでは?」と、いのぐ記者たち。いいえ。仕方ないことではありません。これ、おかしいことなんです。
 
 
②=1970年8月、土佐湾台風時の高知市
②=1970年8月、土佐湾台風時の高知市
【90年続く雑魚寝 おかしい】
【東京都の弁護士・岡本さんの訴え】

「雑魚寝はダメ」と話す岡本正弁護士(高知市の高知新聞社)
「雑魚寝はダメ」と話す岡本正弁護士(高知市の高知新聞社)
ポイント(1)【国も改善迫る】
 「我慢しなくていいんです。雑魚寝が当たり前ではダメなんです」
 そう話すのはプロジェクト1回目の講師、「避難所・避難生活学会」の岡本正弁護士(40)=東京都。法律の専門家として、「法律や国の基準を活用して避難所の改善を」と訴えました。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ災害・防災


ページトップへ