2019.11.25 08:35

2019高知県知事選 新知事に浜田氏 野党共闘の松本氏破る

初当選を果たし、支持者らと万歳で喜ぶ浜田省司氏(24日午後8時25分ごろ、高知市はりまや町1丁目)
初当選を果たし、支持者らと万歳で喜ぶ浜田省司氏(24日午後8時25分ごろ、高知市はりまや町1丁目)
投票率47・67% 尾﨑県政を継承
 3期12年務めた尾﨑正直知事の後任を選ぶ高知県知事選は24日投開票され、無所属新人で元総務省総括審議官の浜田省司氏(56)=自民党、公明党推薦=が17万3千票余りを獲得し、野党統一候補で共産党県委員の無所属新人、松本顕治氏(35)=立憲民主党高知県連、国民民主党高知県連、共産党、社民党推薦=に約6万2千票差をつけて初当選を果たした。2011、15年は尾﨑氏が無投票当選し、12年ぶりの選挙となったが、投票率は47・67%で12年前の45・92%に次ぐ過去2番目の低さとなった。

 尾﨑氏が後継候補に指名した浜田氏を国政与党が支援し、松本氏を野党勢が推す与野党一騎打ちの構図となった。

 ただ、尾﨑氏が4選不出馬を表明したのが選挙3カ月前だったこともあって、出馬表明は浜田氏が8月末、松本氏は10月中旬という短期決戦になり、投票率は伸び悩んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ