2019.11.24 08:43

「首都圏高知市の会」発足 出身者ら世代超え交流

乾杯で発足を祝う「首都圏高知市の会」(東京都港区)
乾杯で発足を祝う「首都圏高知市の会」(東京都港区)
 首都圏在住の高知市出身者らでつくる「首都圏高知市の会」が22日、東京都内で発足した。定期的に親睦会を開き、世代を超えた交流を続けていく。

 首都圏には関東高知県人会のほか、嶺北、幡多といった地域別の親睦団体があるが、高知市はなかった。

 そこで、同市出身で「ドリーム夜さ来い祭りグローバル振興財団」理事長を務める扇谷ちさとさん(57)が「高知市にも組織が欲しい」と考え、今夏から市出身者らに呼び掛け約120人の会員を集めた。

 この日、東京都港区のホテルで開かれた発足会には約80人が出席。会長に選出された三井物産元副社長の渡辺五郎さん(85)が「素晴らしいご縁の輪ができた。この会が県の中核の団体となることを願います」とあいさつした。

 出席者たちは飲食を楽しみながら、景品が当たる「じゃんけん大会」などで親交を深めていた。(谷川剛章)

カテゴリー: 社会主要高知中央

ページトップへ