2019.11.21 08:32

少年の立ち直りを連携支援へ全国初の協定 県警・鑑別所・教委

協定に調印した高知市教委の山本正篤教育長=左、県警の宇田川佳宏本部長=中央、高知少年鑑別所の中田健児所長(20日午前、県警本部)
協定に調印した高知市教委の山本正篤教育長=左、県警の宇田川佳宏本部長=中央、高知少年鑑別所の中田健児所長(20日午前、県警本部)
 高知県警と高知市教育委員会、高知少年鑑別所は20日、非行少年の立ち直りを連携して支える協定を結んだ。少年の問題行動に発達障害などの要因が疑われるケースが増えており、鑑別所の心理検査や行動分析などの専門的知見を生かす。3機関による協定は全国初。

 高知県警や高知市教育委員会は、学校での暴力行為や万引で補導されるなどした少年に発達障害などが疑われる場合、鑑別所に検査や相談を依頼。鑑別所は少年への接し方なども警察や教委側に助言し、高知市教育委員会は高知市以外の教育機関との連携を担う。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ