2019.11.21 08:25

2019高知県知事選 高知県の「現在地」 県政課題ポイント解説(7)

【県内総生産】人口減下の拡大続くか
 人口減少が続く高知県。国内総生産(GDP)の自治体版に当たる県内総生産(名目)も長らく連動して減少基調だったが、2012年度を底に上昇に転じ、現在は「人口減でも拡大する経済」となっている。尾﨑県政発足翌年の2008年度から2016年度にかけた経済成長率は6・3%で、全国の5・4%を上回った。

 必然的に、「1人当たり県民所得」の指標も上昇。2008~16年度の伸び率は全国(8・4%増)の2倍近い16・3%増となっている。

 この成長率6・3%の寄与度を産業別に見ると、1次産業が0・6%分、2次産業が2・0%分、産業比で全体の約8割を占める3次産業が3・8%分。個別業種で寄与度が大きいのは建設業の2・0%分で、保健衛生・社会事業の1・9%分、卸売・小売業の1・3%分と続いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ