2019.11.20 15:37

馬場孤蝶 生誕150年記念展

 高知県立文学館の主催。翻訳家としても知られる馬場孤蝶は、2019年に生誕150年を迎えました。この記念の年に、孤蝶の生涯と文学の軌跡を総合的に紹介する初めての展覧会を開催します。

 孤蝶の文学や活動や幅広い趣味を通して、その魅力を紹介するとともに、彼が生きた時代や同時代に活躍した星野天知、島崎藤村や樋口一葉、森鴎外、夏目漱石といった文壇を代表する作家たちとの交流もあわせて紹介します。
 
開催日 2019年11月30日~2020年1月19日(休館日:12月27日~1月1日)
場所 高知県立文学館 2階企画展示室(高知市丸ノ内)
時間 9時~17時
入場料・参加料 400円(常設展含む)/高校生以下無料、ほか減免等あり
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ