2019.11.20 08:41

四万十市商店街を舞台に11/30「まちあそび人生ゲーム」

打ち合わせをする四万十玉姫の会の会員ら(四万十市立文化センター)
打ち合わせをする四万十玉姫の会の会員ら(四万十市立文化センター)
 四万十市の中心商店街をボードゲームに見立てた「まちあそび人生ゲーム~タイムスリップしてきた玉姫さま」が30日、同市内で開かれる。

 商店街に足を運ぶきっかけにしてもらおうと、地元商店街女性部「四万十玉姫の会」が昨年に続いて開催する。

 一条通、天神橋、京町、大橋通、東下町の5商店街約30店舗を舞台に、店舗を巡ったり、ゲームに参加したりして、ゲームの通貨を獲得する。通貨を多く集めた上位3チームに、各商店街で使える商品券を贈る。

 12日夜には、四万十市内で店主や会員、ボランティアらの最終説明会と打ち合わせ。木戸和美会長は「楽しめる仕掛けをたくさんつくっているので、参加してほしい」と呼び掛けている。

 午前10時半から(最終受け付け午後1時半)。当日受け付けも可能だが事前申込者が優先。参加無料、2人以上で「四万十玉姫の会」のWebサイトから申し込む。問い合わせは木戸会長(0880・35・2012)へ。(西村大典)

カテゴリー: 主要政治・経済幡多


ページトップへ