2019.11.18 08:31

2019高知県知事選 世論調査 望む知事像「声聞く人」最多

政策トップは医療・福祉
 高知新聞社などが15~17日に行った高知県知事選(24日投開票)の電話世論調査で、新しい知事に望む資質を聞いたところ、「県民の声をよく聞く人」が37・9%で最も多かった。最も力を入れてほしい政策は「医療・福祉」が24・2%でトップだった。

 知事選は届け出順に、野党統一候補の共産党高知県委員、松本顕治氏(35)と、自民党、公明党の両党が推薦する元総務官僚の浜田省司氏(56)による一騎打ちになっている。

 新知事に望む資質で2番目に多かったのは「国に言うべきことを言える人」(27・2%)で、「強いリーダーシップがある人」(14・6%)、「安定感がある人」(9・4%)、「国との太いパイプがある人」(7・2%)が続いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ