2019.11.18 08:37

2019高知県知事選 「実感」県知事選投票を前に(1)若者たち

カフェの語らい(高知市の県公立大永国寺キャンパス)
カフェの語らい(高知市の県公立大永国寺キャンパス)
「やっぱり分かんない」
 高知県で暮らす人々や出身者たちは、いま何を実感しているのか。24日投開票の知事選を前に、各地で声を集めた。

 高知市中心部にある県公立大永国寺キャンパスの食堂は学生でにぎわっていた。一面ガラス張りの窓からは多くの光が入り、カフェのような雰囲気。場違いかなと思いながら、女性の7人組に声を掛けてみた。県知事選について話を聞かせてほしいんですが―。

 7人のうち県内に住民票があるのは2人だけで、うち1人は実家のある土佐清水市に住民票を置いたまま。不在者投票という方法もあるが、「時間がなくて。投票は諦める予定」。高知市内の実家暮らしという残る1人は「市長選? あっ、知事選。候補者は2人ですか…。あんまり知らないです」。申し訳なさそうに言った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ