2019.11.17 08:35

嶺北高生がピザ3種 地元スーパーと共同制作

地元食材をふんだんに使った3種のピザを作った嶺北高生(土佐町瀬戸)
地元食材をふんだんに使った3種のピザを作った嶺北高生(土佐町瀬戸)
 イタリアンな嶺北土産はいかが―。長岡郡本山町の嶺北高校の生徒がこのほど、地元スーパーの末広(土佐郡土佐町田井=谷脇敦社長)と共同で土佐あかうしや地元野菜などを使った3種類のピザを作った。同店や、嶺北地域の道の駅などで販売している。

 嶺北地域は長らく、「地元ならではのお土産が少ない」とささやかれてきた。そこで末広側が「土佐れいほく博」に合わせ新商品を作ろうと、部活動で地元食材を使った商品を開発している嶺北高の「レイホクユースネイバーズ」に声掛け。

 3年生部員の秋山愛美さん(17)が地域の野菜ブランド「れいほく八菜」を「ピザの上でPRしたい」とひらめいた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育嶺北


ページトップへ