2019.11.16 08:40

2019高知県知事選 2新人、演説会で訴え

 野党統一候補の共産党県委員、松本顕治氏(35)と、自民、公明両党が推薦する元総務官僚、浜田省司氏(56)=届け出順=が一騎打ちを展開する県知事選は、17日間の選挙戦の折り返し地点を過ぎ、終盤戦に入った。知事選を通じて国政の転換を目指す松本氏、尾﨑県政の継承・発展を掲げる浜田氏は、教育政策の違いなどを中心に舌戦を繰り広げている。両氏が13日の個人演説会でそれぞれ訴えた内容を紹介する。(大野泰士、大山泰志=掲載は届け出順)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ