2019.11.14 08:39

土佐清水JC 年内解散 県内初 会員減 活動厳しく 11/23 最後のイベント

スカイランタンを試すメンバーら(土佐清水市のスノーピーク土佐清水キャンプフィールド)
スカイランタンを試すメンバーら(土佐清水市のスノーピーク土佐清水キャンプフィールド)
夢乗せ夜空にランタン
 土佐清水青年会議所(JC)が、今年末での解散を決めた。会員減少で活動がままならなくなったためで、日本青年会議所(東京都)によると、県内JCの退会は初となる。土佐清水JCのメンバーらは「さみしい」と漏らしながら、最後のイベント「ジョン万ゆめランタン」を企画。23日、市民らの夢を乗せたランタンを夜空に浮かべる。
 
 同JCは1966年に日本JCに加入。土佐清水市最大のイベント「市民祭あしずりまつり」の運営で中心を担ってきた。近年はサイクリングイベント「エコライドあしずり」や、市内の飲食店を売り出す「宗田節ロード」も企画、発信した。
 
 ただ、日本JC加入当時に35人いたメンバーは、現在6人。40歳を超えた会員が続々卒業していく一方、市内事業者の後継者不足もあって新入会員は増やせなかった。卒業者から活動ノウハウを引き継ぐのも難しくなってきており、内部では数年前から解散話が浮上していたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多


ページトップへ