2019.11.13 08:25

QR名札で避難者情報を迅速に把握 香美市の防災会が検証

避難所に到着した順に、首にかけたQR名札を読み取った(香美市土佐山田町東本町5丁目)
避難所に到着した順に、首にかけたQR名札を読み取った(香美市土佐山田町東本町5丁目)
 高知県香美市土佐山田町の東町上一町内会第一防災会がこのほど、防災訓練を行い、今夏に導入したQRコード付き「災害避難用名札」の使い勝手をチェックした。

 名札は「避難所での受付混雑解消に役立てよう」と、東町上一町内会第一防災会が考案。QRコードには名前や住所、通院先、持病など14項目の情報を盛り込んでおり、現在、地域の127人が名札を作成している。
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会香長


ページトップへ