2019.11.12 08:34

【動画】うつぐみの心を次世代に 高知と沖縄の芸能交流

北海道、青森も
 うつぐみ(助け合い)の心、つながる―。高知県香南市赤岡町の弁天座で10日、高知県、沖縄県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が開かれた。太平洋戦争末期に芽生えた高知県と沖縄県竹富島の絆が「北国」にも拡大。満員の観客は列島をつないだ友情の舞台を堪能した。



 故・大石喬(たかし)さん(高知市出身)を隊長とする高知県出身者を中心とする部隊(通称大石隊)が、竹富島に1944年12月から約1年駐留。大石隊は、島外に徴用された島民を連れ戻すなど尽力し、島民との間に友情が芽生えた。
 
 今回は孫世代が「次代に交流を引き継ぎ、芸能で旧交を温めよう」と実行委を設立。香南市の姉妹都市、沖縄県八重瀬町のほか、竹富町で「ねぷた祭り」を開いたことのある青森県弘前市と北海道斜里町も加わった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長

ページトップへ