2019.11.10 08:50

野良猫不妊・去勢手術 初年521匹 土佐清水の活動 県内模範に

1月に捨てられていた子猫
1月に捨てられていた子猫
 野良猫の繁殖を防ぐ活動「TNR」に取り組む高知県土佐清水市と住民有志らが、1~10月に計521匹に不妊・去勢手術を実施し、1年目を終えた。費用を助成した県は「県内ではモデルケース」と評価し、他自治体への広がりを期待。一方、土佐清水市では活動に乗じたかのような新たな捨て猫も相次ぎ見つかっており、関係者は対策に頭を悩ませている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん幡多社会

ページトップへ