2019.11.10 08:58

県内グルメが集合「土佐の豊穣祭」にぎわう 高知市 11日まで

チリメンジャコのすくい取りなどでにぎわう土佐の豊穣祭(高知市の中央公園)
チリメンジャコのすくい取りなどでにぎわう土佐の豊穣祭(高知市の中央公園)
 高知のグルメが集まる「土佐の豊穣(ほうじょう)祭2019 高知市会場」が9日、同市の中央公園や帯屋町アーケード街で始まり、家族連れらが海と山、川の幸を味わっている。11日まで。

 会場には田舎ずしや土佐あかうし串焼き、土佐茶スイーツなど約40ブースが並び、威勢のいい掛け声で客を引き込んだ。チリメンジャコのすくい取り販売もあり、来場者はスコップでこんもりとすくい上げ「落ちる~」などと歓声を上げた。

 高知市から親子で来た西本智津さん(44)と葉奈さん(14)は四万十豚の串焼きをほおばり、「柔らかくておいしい。赤みそで甘辛い味付けがよく合う」と満足げに話した。

 「豊穣祭」はJAや県でつくる推進会議の主催。9月から県内6カ所で開いており、高知市が最後になる。(宮内萌子)

カテゴリー: 主要社会高知中央


ページトップへ