2019.11.09 08:35

「高知あんしんネット」始動 医療、介護など県内の患者情報共有

 高知県内の病院や薬局、介護事業所などが患者の情報を共有するネットワークシステム「高知あんしんネット」の運用がこのほど始まった。患者の同意の下、診療内容や検査情報、薬の処方歴などを関係機関が共有し、質の高い医療につなげる。

 医療や介護、生活支援などのサービスを切れ目なく提供する「地域包括ケアシステム」の構築を目指す県の取り組み。本年度は事業費として4億4300万円を予算化した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ