2019.11.08 08:32

独創的なアイデア93点 高知市で発明くふう展11/9まで

子どもらの力作が並ぶ発明くふう展(高知市布師田)
子どもらの力作が並ぶ発明くふう展(高知市布師田)
 高知県教育文化祭・児童生徒発明くふう展が7日、高知市布師田の中小企業会館で始まった。子どもたちが自由な発想で工夫を凝らした93点が並んでいる。9日まで。
 
 高知県発明協会と高知新聞社などが毎年開いており、今年は「児童生徒の部」に小学校18校から89点、「一般の部」に4点の応募があった。
 
 最高賞の県教育長賞を受けたのは、高知市のはりまや橋小6年、関亮輔君。「アイアンフィーバー・カリョウノジュニア・カリョウノ・メダル貸し出し機」と題して、メダルゲームやクレーンゲーム機など四つの機器を製作し、さまざまな素材を組み合わせて複雑な構造を再現した工夫などが評価された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高知中央

ページトップへ