2019.11.08 08:21

【カツオと生きていく】高知7隻エコラベル審査へ 近海一本釣り

沖縄の沖合で操業する高知県のカツオ一本釣り船(2017年)
沖縄の沖合で操業する高知県のカツオ一本釣り船(2017年)
宮崎12隻と協力 2021年取得目指す
 環境に優しい水産物であることを証明する国際認証「海のエコラベル」の取得に向けて、高知県、宮崎県の近海カツオ一本釣り船計19隻が協力して審査を受けることが7日までに決まった。船主は「一本釣りの持続可能性を世界にPRして魚の価値を高め、漁を続けていきたい」と期待している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 政治・経済カツオ県民会議社会

ページトップへ