2019.11.08 08:29

2019高知県知事選 新人一騎打ち確定 対抗心強く舌戦

 7日告示された尾﨑正直知事の後任を選ぶ高知県知事選は、同日午後5時で立候補の受け付けが締め切られた。届け出順に、いずれも無所属新人で、共産党高知県常任委員の松本顕治氏(35)=立憲民主党高知県連、国民民主党高知県連、共産党、社民党推薦=と元総務省総括審議官の浜田省司氏(56)=自民党、公明党推薦=の一騎打ちが確定した。

 尾﨑知事から後継候補として指名された浜田氏を国政与党が支援。対抗する野党勢が松本氏を統一候補として擁立し、与野党対決の構図となっている。

 2陣営はそれぞれ高知市内の選挙事務所近くで第一声を上げた後、街頭演説などでアピールした。

 「誰一人取り残さない県政に」と訴える松本氏は、高知市から県東部にかけて遊説。「共感と前進の県政」を掲げる浜田氏は高知市内を回った後、個人演説会を開いた。

 県選挙管理委員会は10日、2候補の公約や政策を記載した選挙公報を県内34市町村選管に発送。順次、各家庭に配布される。

 政見放送は13日から始まり、テレビはRKC高知放送、テレビ高知、高知さんさんテレビ、NHKの4局で計5回、ラジオはRKC高知放送、NHKの2局で計3回行われる予定。 (大野泰士)


8日の候補者
 【松本候補】奈半利町、田野町、北川村、馬路村、安田町、安芸市
 【浜田候補】黒潮町、四万十市、土佐清水市...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ