2019.11.07 08:35

高知県女流展に感謝込め 来年1月「チャリティー小品展」企画

「さよなら女流展実行委員会」の初会合で、女流展創設当時の新聞記事などに見入る参加者ら(高知市の龍馬の生まれたまち記念館)
「さよなら女流展実行委員会」の初会合で、女流展創設当時の新聞記事などに見入る参加者ら(高知市の龍馬の生まれたまち記念館)
「多くの出品、参加を」
 2020年3月、40回の節目に幕を閉じる「高知県女流展」への感謝を形に表そうと、出品してきた有志が、自作を持ち寄って「チャリティー小品展」を開くことを計画している。売り上げの一部を公益信託高知新聞・高知放送「生命(いのち)の基金」に寄付する計画で、来年1月末からの開催に向け、女流展に関わった人たちに広く参加を呼び掛けている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要文化・芸能高知中央


ページトップへ