2019.11.06 08:36

2019高知県知事選 令和の高知県像どう描く 立候補予定2氏の対論詳報

(右から五十音順)
(右から五十音順)
浜田省司氏「現県政継承し発展」 松本顕治氏「国との関係転換を」
 3期12年にわたって高知県政を率いた尾﨑正直知事の後任を決める高知県知事選が7日、告示される(24日投開票)。

【関連記事】
【動画】2019高知県知事選あす11/7告示 新人2氏、目指す県政語る

 5日時点で立候補が確実視されるのは、いずれも無所属新人で、元総務省総括審議官の浜田省司(56)=自民党、公明党推薦=と、共産党高知県常任委員の松本顕治(35)=立憲民主党高知県連、国民民主党高知県連、共産党、社民党推薦=の2氏(五十音順)。県民にとって12年ぶりの選挙戦は、事実上の与野党一騎打ちの構図となった。

 高知新聞社は知事選を前に、2氏による「対論」を企画。尾﨑県政の評価や「令和」の高知県像、国との向き合い方や人口減少対策などについて語ってもらった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ