2019.11.06 08:36

ヨネッツこうちジム仕様に 本格筋トレ、日焼けマシン...高知市

導入されたウエイトマシン(高知市長浜)
導入されたウエイトマシン(高知市長浜)

 高知市長浜の健康増進施設「ヨネッツこうち」が“スポーツジム仕様”になって今月リニューアルオープンした。本格的な筋トレ器具を大幅に拡充したほか日焼けマシンも設置し、これまで利用が少なかった若者も呼び込める施設になった。
 
 「ヨネッツこうち」は、隣接する高知市清掃工場でごみを焼却する際の熱エネルギーを活用した市の施設で、2002年にオープンした。温水プールやサウナ、大浴場などの温泉施設が近隣住民の人気を集めてきた。
 
 今年10月から市の指定管理を受けている「ヤマウチ・四電ビジネスグループ」の代表企業「ヤマウチ」(本社・高松市)がフィットネスジムを手掛けていることもあり、リニューアルに当たってジム色を強く打ち出した。
 
 これまで事務所、環境学習室、休憩スペースになっていた2階部分を改造。筋トレ器具は種類の異なる物を12台置き、ランニングマシンなども17台をそろえた。
 
 スタジオで行うエクササイズも「ボディコンバット」など若者に人気のメニューを大幅に取り入れた。ヨガやエアロビクスもこれまで通りある。
 
 1階の温水プールなど既存の設備はそのままだが、新たに日焼けマシンやコラーゲンマシンも設置。サブマネジャーの大屋智徳さんは「若い人からお年寄りまで健康づくりができるマシンやメニューがある。多くの人に楽しんでほしい」と話している。(宮内萌子)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要スポーツ新店オープン高知中央社会


ページトップへ