2019.11.03 08:33

[ふれあい高新in三原村]「何もない」ぜいたく...古民家ゲストハウス営む移住の日豪夫婦

古民家を改装したゲストハウスでくつろぐ雨宮さん夫婦(三原村芳井)
古民家を改装したゲストハウスでくつろぐ雨宮さん夫婦(三原村芳井)

 三原村の南東端にある芳井地区で、移住者夫婦が古民家のゲストハウスを営んでいる。テレビはなく、聞こえるのは自然の音のみ。街の喧噪(けんそう)とは無縁の空間を求めて、今日も国内外から人が訪ねてくる。何もないぜいたくな時をすごすために。
 
 ハウスは三原キャンプ場近くにある築約50年の木造平屋。神奈川県から移住し、無農薬米を育てている雨宮剛さん(42)と、オーストラリア出身のロザンナ・モロニーさん(50)が営む。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会ふれあい高新2019社会


ページトップへ